注文住宅の住宅設計のポイント

注文住宅を建てる場合に一番重要になるのが住宅内の設計です。自分で好きなように設計をすることができるのが注文住宅ならではの魅力ですが、自分で設計できるからこそ、設計の内容によって住みやすさにも差が出ます。理想通りの家を設計しても実際に住んでみたら、変更したい部分が出てくることもありえるので、慎重に設計を進める必要があります。理想の家を設計するために最適なのが、実際にその家に生活していることを想像しながら、家の中の設計をすることです。毎日使用するような施設が家の中の離れた場所にあると生活もしにくくなるので、どこに配置したら一番生活しやすくなるのかを考えながら、家全体の設計をしていきます。

2階建ての注文住宅の住宅設計

住宅設計の難易度がさらに上がるのが、2階建ての注文住宅を建設する場合です。2階建ての注文住宅を設計する時には、どの施設を1階にして、どの施設を2階に配置するかが特に重要になり、1階と2階にそれぞれ最適な設備を配置することで、2階建てでも暮らしやすい家になります。

2階建ての注文住宅で1階に配置されることが多いのがトイレです。トイレに行くたびに階段を上がるのは非常に面倒なことが理由としてあげられますが、注文住宅の場合には2階にトイレを設置することも可能です。いつも2階で過ごすことが多い人の場合には、2階にトイレを配置したほうが生活しやすくなることもあり、生活スタイルに合わせて設計をするのがおすすめです。注文住宅なら1階と2階の両方に、トイレを設計することもできます。

神奈川の注文住宅は仕様のバリエーションを重視した工務店が多い影響で、バラエティーがたくさんあるのが特徴です。