窓の建て付けは大丈夫?隙間風には注意しよう!

冬になると雪がたくさん降り積もり、気温が著しく低下する北海道での賃貸物件探しは、温暖な地域での物件探しとは重視するポイントが異なります。北海道での賃貸物件探しで何よりも重要なのが、冬への備えです。特に室内の断熱性は重要で、寒い冬を乗り越えられるような暖かい物件を選ぶことが重要になります。その際に注目すべきなのが窓の建て付けです。

それなりに築年数が経っている物件だと、窓の建て付けが悪くなっていて、隙間風が入ってくるということがよくあります。暖かい季節だとあまり気になりませんが、冬になるとこの隙間風は脅威になるのです。寒い冬に冷たい隙間風に悩まされないためにも、窓の建て付けはしっかりと確認するようにしましょう。北海道の物件では二重窓になっていることがほとんどなので、その両方がしっかりと閉まるのであれば隙間風に悩まされることは無いと言えます。

水道管が凍結してしまった際の対応は要確認!

冬になると氷点下が続く北海道では、水道管が凍結してしまうことがよくあります。この時に注意しておきたいのが、室内がいくら暖かくても、室外に設置された水道管が凍ってしまう可能性があるということ。特に、建物の1階部分が車庫になっているような物件だと水道管が外気にさらされる部分に設置されていることが多く、水道管が凍結しがちです。水道管が凍ってしまった場合、業者に依頼して解氷してもらうことになりますが、当然費用が発生します。しかし、物件を管理している会社によっては水道管の解氷を無料で行ってくれることがあるのです。もし、水道管が凍結してしまうことに不安を感じているのなら、事前に水道管が凍結した時の対応について確認しておくと良いかもしれません。

札幌中央区の賃貸物件は、都市中心部ということもあり、周囲に多くの企業や商業施設があり、仕事や生活面でとても有用です。