注文住宅ではフルローンが可能か

注文住宅を建てたいけれど頭金はあまり用意できないということもあるでしょう。頭金にあまりお金を使ってしまうと諸経費の支払いができなくなってしまうからできればフルローンにしたいというケースもあるのは確かです。一般的に住宅ローンはフルローンで借りるのが難しいことが知られていて、注文住宅も例外ではありません。特に新築住宅の場合には住み始めたことによって中古になり、建築費用や購入費用に比べて物件価値が低くなることから担保価値が下がるという問題があります。そのため、一般的には頭金として建築や購入にかかる費用の2割くらいを用意しておかないと住宅ローンの本審査を通過することができないというのが実態です。

フルローンにできるケースもある

新築の建売住宅をフルローンで買うのはかなり難しいですが、注文住宅の場合には可能性がないわけではありません。住宅の担保価値は基本的には建築費用に基づいて計算されるので、安くなるように必死に値切って建築したとしてもあまり大きな効果がないのが一般的です。しかし、住宅ローンの担保価値が低かったとしても、ローンを完済してくれるはずだと金融機関が考えてくれれば本審査を通過することができます。返済を当面は続けられるはずだという確証があればフルローンに対応してもらえるのが通例です。例えば年収が高くて毎月の返済にはかなり余裕があると判断できる場合はフルローンで借りられることがあります。あるいは資産が多くていざというときにも現金確保が可能な場合にも大丈夫な場合がほとんどです。

自由度が高い注文住宅だからこそ、自分に合った工務店にお願いしたいと考える人も多いです。大阪の注文住宅に関するセミナーは毎月多く開催されているので、より自分に合った工務店を探すことが可能です。