ライフスタイルにあわせてプランを選ぼう

共働き世帯が増えた今、両親と暮らすことは重要な選択肢の1つです。親夫婦が若く元気な時には孫の面倒をみてもらい、介護が必要になった時には子供世帯がケアをするというような助け合いも必要かもしれません。そんな暮らしには二世帯住宅は実に便利です。プライベート空間を守りつつ、効率よく協力しあうことができるでしょう。二世帯住宅のそのプランや間取りは様々です。バス、キッチン、玄関などがすべて分離している完全分離型、玄関のみ一緒でキッチンや浴室が別々なもの、すべてを共有する完全共有型などがあり、各家庭のライフスタイルに合わせた選択ができます。

キーポイントのキッチンは独立型がおすすめ!

「二世帯住宅成功のカギの1つはキッチンにある」といっても過言ではないでしょう。最初は「共同でも構わない」と思っていても、現実に使うとなると色々と問題がでてくるものです。各世帯のライフスタイルや食に対する意識の違いなどを考えると、やはり別にしておくほうが良いかもしれません。費用面での負担を考慮するなら、親世代の方は小さめにするなどの工夫も必要です。嫁姑でなく母娘であれば共同のキッチンでも構わないかもしれません。その場合には2人で同時に使える広さを確保しておくと良いですね。

生活リズムの違いをおさえておこう

若い世帯とお年寄りの世帯とでは基本的に生活時間が異なります。そのため、いざ生活を始めると睡眠や食事、入浴などの時間のズレがトラブルの原因になることも多いものです。ですから設計の段階で家族の動線や生活音などは十分注意しておきましょう。親世帯の寝室の上に子世帯のリビングをつくるなら防音に対する配慮が必要ですし、水回りを上下で同じ位置にすればバスルームやトイレの音も気にならないでしょう。

二世帯住宅は親世代と子世代で住居を共有する事です。一緒に住む事で金銭面での援助や育児のサポート、健康面での安心などお互いが助け合うという点でメリットがあり、人気が高まっています。