高齢者と一緒に暮らす場合は安全を第一に考えよう

一人暮らしだったり、家族で暮らしたりなど世帯によって一緒に住む人数や心身の状態に違いがあります。そのため、賃貸物件は家族構成に最適かどうかを判断して選ぶことをおすすめします。たとえば、高齢者と一緒に暮らす家を探す時は安全を第一の条件にすれば快適に暮らせる可能性は高くなります。段差が少ないことや廊下や浴室に手すりが付いていることなどは高齢者が安全に暮らせる条件なので、仲介会社のスタッフに伝えることで満たしている賃貸物件を紹介してもらえます。また、賃貸物件の情報サイトを利用すれば、仲介会社に相談する前に自分で探せます。条件の良い賃貸物件は狙っている人が多いため、できるだけ早めに契約の決断をすることが大切です。

子供と生活する場合は駅に近い立地がおすすめ

子供が居る世帯は駅に近い立地で賃貸物件を探すのがおすすめです。駅から家までの距離が近ければ一人だけで歩く時間が少ないため、防犯面のメリットがあります。また、駅周辺は郊外に比べて人の往来がある点についても防犯の効果が見込めます。さらに、自宅と駅が近ければ天気や気温の影響を受けにくいです。天気が悪い日や暑い日、寒い日だったとしても少し歩けばすぐ駅に到着します。ただ、駅から近い方が賃貸物件の家賃は高くなる傾向にあるため、できるだけ安く抑えたいなら徒歩5分以内よりは10分以内で探す方が希望に近い賃貸物件を発見できるチャンスはあります。家賃の金額よりも利便性を求める場合は徒歩5分以内の条件で探しましょう。

小樽の賃貸物件を選ぶと、小樽の名所である運河や石造倉庫群を間近で散策することができます。倉庫を改築したレトロなレストランなどに気軽に訪れることも可能です。